NPO法人神奈川県日本ユーラシア協会 横浜ロシア語教室

ロシア語教授法研究会 第7回ミニシンポジウム

新しい効果的な教え方を求めて

日本人には難しいロシア語の発音をいかに効率的に教えるか、ロシア語を教えている人なら誰もがいつも考えていることでしょう。
この度のミニシンポジウムでは、竪山洋子先生に、発音の矯正の難しさと学習初期における発音教授法の大切さを踏まえて具体的な問題提起をしていただき、 徳永晴美先生に、この私たち共通の悩みをどう解決できるか、蓄積された知見と経験をもとに講義していただきます。
ロシア語を教えている方ならどなたでも参加できます。この貴重な機会をお見逃しなく!!

第1部 問題提起と講義
16:30-16:50竪山洋子先生(ロシア語通訳・翻訳者、横浜ロシア語センター講師)
問題提起「受講者の発音の問題点に関する報告」
16:50-17:30徳永晴美先生(上智大学元教授)
講義「発音さらに音声学の基礎知識を実践において応用するには」(仮題)
~発音лその他の子音、および母音の劣化の濃淡などについて~
第2部 質疑応答と懇親会
17:40-18:10今回のテーマに関するQ&A
18:20-19:00懇親会(茶菓子付)

日時2019年1月26日(土)16:00開場、19:00終了予定
会場横浜平和と労働会館 4階会議室 ※会館3階から変更になりました。
受講料一般3,000円、会員1,500円
対象者ロシア語教授に携わっている方・教えたいと考えている方
定員40名(当センター講師優先)
お申し込み締切1月24日(木)

1. お名前、電話番号またはEメールアドレス、1月26日ミニシンポジウム参加の旨を横浜ロシア語センター事務局にご連絡ください。
こちらのメールフォームに必要事項を入力・送信してください。
またはお問い合わせページ掲載の電話・FAX番号へご連絡ください。


2. 当日、会場の受付で料金をご納入ください。